積立NISAと通常NISAの比較

積立NISAと通常NISAのどちらを選択すれば良いか?
FIREを目指そうとしている方からも、よく頂く質問です。

本記事では、どちらの選択が良いかを比較してみます。

積立NISAと通常NISAを論理的に比較

結論

  • 論理的には積立NISAが有利
  • 条件に当て嵌まる場合のみ、通常NISAを選択

理由

積立NISAの方が合計の非課税枠が大きいことで、節税額が増えるから。
NISA枠は非課税枠を最大化し、利益に対する税額を最小限にすることが大切です。

具体例

複利効果を無視すると非課税枠は以下です。

  • 積立NISA:40万円 * 20年間 = 800万円
  • 通常NISA:120万円 * 5年間 = 600万円

次に複利効果を考慮して非課税枠を比較します。含み益により実質的な非課税枠を増やせるので、これを活かします。

仮に期待リターン5%で投資した場合、非課税枠は以下のようになります。(シミュレーション結果の詳細は後述)

  • 積立NISA:1389万円
  • 通常NISA:696万円

この場合の節税額を比較すると以下です。

  • 積立NISA:約13.2万円
  • 通常NISA:約6.6万円

非課税枠も節税額も約2倍の差になります。積立NISAを選択した方が良いという最大の理由です。

通常NISAで積立NISAと同様の非課税枠と節税額を得ようとした場合、期待リターンが9%以上必要になるので、簡単に通常NISAが有利にならないです。

ここでは、期待リターンを5%としていますが、それ以上のリターンになった場合は非課税枠と節税額の差が大きくなり、益々積立NISAが有利な状況になります。

 期待リターン5%のシミュレーション

投資年数 積立NISA 通常NISA
当初 40万円 120万円
1年 42万円 126万円
2年 44万円 132万円
3年 46万円 139万円
4年 49万円 146万円
5年 51万円 153万円
6年 54万円
7年 56万円
8年 59万円
9年 62万円
10年 65万円
11年 68万円
12年 72万円
13年 75万円
14年 79万円
15年 83万円
16年 87万円
17年 92万円
18年 96万円
19年 101万円
20年 106万円
非課税枠合計 1389万円 696万円
損益 66万円 33万円
節税額(税率20%) 13.2万円 6.6万円

※税金20%で計算
※期待リターン5%の配当金が出ない投資信託を想定
※1年目の頭に上限(40/120万)投資した物として、その年末の期待資産額を記載

それでも通常NISAを選択する場合

何かしらの理由により、以下3つに当て嵌まる場合です。

  • 個別株に投資したい
  • NISAの投資期間を短くしたい(年齢の都合など)
  • 短期的に集中して投資したい

積立NISAと通常NISAの非課税枠と節税額の差以上に、これらの価値が大きい場合のみ通常NISAを選択するということになります。

まとめ

  • 期待リターン5%で比較すると、非課税枠で約2倍、節税額で7万円の差がある
  • 非課税枠と節税額の差から、ほとんどの人は積立NISAを選択した方が有利
  • 非課税枠と節税額の差を覆すほどの理由がある場合のみ通常NISAを選択

関連記事です。

FIREを目指す上での各ライフステージごとの戦略です。

FIREの各ライフステージ戦略

FIREのための確定拠出年金/NISAの選択ガイドライン

FIREのための確定拠出年金/NISAの選択ガイドライン

FIREの始め方

FIREの始め方

グミ家のFIRE相談室
↓応援ありがとうございます!↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村