FIREムーブメントを目指す30代夫婦の計画

FIREムーブメントを目指す30代夫婦の計画

米国で広がる「FIREムーブメント」

FIREは”Financial Independment, Retire Early”の略で直訳すると「経済的独立、早期リタイア」です。

最近知った言葉ですが、私たちも知らないうちにFIRE ムーブメントに乗っかっているようです。Twitterなどを見ると日本でも同じような考えの方が増えていますね。

  • 「Lean Fire」 極限まで切り詰めて切り詰めて生活するタイプ
  • 「Fat Fire」 普通の生活水準を保ちつつ、貯蓄と投資で肥やすタイプ

この2つの中でもセミリタイア/完全リタイアのどちらを選択するかによってタイプが別れます。

なんとなくカッコイイので、「早期リタイア」ではなく、「目標はFIREです」とこれからは言うようにします。

私たちの計画

私たちは子どももいるので「Lean Fire」を目指すと途中で色々と無理が出そうなので、「Fat Fire」を目指すことになります。

「Fat Fire」は必要な資産額も多いので、準備に時間が掛かります。完全リタイアを目指す場合は、さらに必要な資産額が上がります。

私たちはセミリタイア → 完全リタイアの順に移行して行きたいと考えています。資産形成もそれに合わせたやり方になります。

資産形成を大きく4つの段階に分けています。

  • 独身/DINKS期間
  • 子育て期間
  • セミリタイア期間
  • 完全リタイア期間

独身/DINKS期間は子育て期間以降に向けて家計管理と投資について学び実戦してきました。

今は子育て期間の段階で、次のセミリタイア期間に向けて資産形成を行なっています。今回はセミリタイアまでの資産形成のシミュレーションをしてみたいと思います。

セミリタイア期間までの目標

資産額    :1.5億
不労所得 :20万[円収入10万、ドル収入10万円]
労働収入 :20万[夫10万、妻10万] 生活費    :30万円

大体、こんな数字を目標にしています。円所得と労働収入で生活できることを目指します。

ドルでの不労所得は再投資し、追加資金を継続して積み上げていく予定です。

セミリタイア に向けたアセットアロケーション

DINKS期間までにに順調に資産を増やせたこともあり、これまでよりも保守的なポートフォリオに移行予定です。

※現在、アセットアロケーションの組み替え中

引用:ファンドの海 アセットアロケーション分析ツールを利用

シミュレーション

毎月の積立額:30万
元本:8000万円 ※4月末の資産額
年数:10年

シミュレーションしてみると下記のような感じになります。

引用:ファンドの海 アセットアロケーション分析ツールを利用

10年後に50%の確率で目標の1.5億に達成できることになります。

30%の確率で2億近くになります。2億になっていたら完全リタイアも視野に入ります。30%の確率で働かなくても良くなると考えるとワクワクしますね。

不確実性の高い投資の世界に身を委ねている以上、目標を100%達成可能ということは難しいです。

その中でも目標と現実の差を認識して、達成が難しい場合は自分たちは何をしたら良いのかを考え、できることだけに専念するようにしています。

私たちにできることは、夫婦で喧嘩しながら日々の家計を見直して改善し、余剰金を投資するしかありません。

「人事を尽くして天命を待つの精神」で、後はなるようになります。

セミリタイア に向けての課題

資産額は目標が見えてきている状況ですが、セミリタイア後の労働収入(夫10万、妻10万)の確保が課題です。

現状で半分程度は見込めていますが、もう半分をセミリタイアまでに準備していきたいと思います。

この部分がクリアできればセミリタイアまでの距離がグッと縮まります。

セミリタイア後は、個人事業主1人+サラリーマン1人の組み合わせで考えています。収入はそれほど望んでいませんが、税金や社会保険の面で比較して選択していく予定です。

まとめ

資産形成を始めた時は遥か遠くの目標でしたが、セミリタイアが現実的なところまで近づいている気がします。

課題も多いですが一つ一つクリアしていきたいと思います。

ただ、子持ちなこともあり、子どもへの影響も最優先で考える必要があります。

お父さんは何で毎日家でゴロゴロしてゲームしているの?お仕事は?臭い。嫌い。

そんなことを言われないようにだけ気を付けたいと思います。

まずはセミリタイアを目指し、セミリタイア後も資産額が順調に増えた時に、改めて仕事を止めるかどうかを決めるつもりです。

その時に一生を掛けてできることが仕事になっていれば尚良しですが、お金に困ることなく、好きなことに時間が使えて、家族が健康でいれば、それだけで十分です。

パチスロに負けて財布に15円しかないような時もよくありましたが、今は1.5億もの金額が想像できるところまで、来ることができました。

それもこれも「夫婦で協力してこれたこと」と「複利の力を信じ期待値に身を委ねたこと」の2つを継続してやってこれたからに他なりません。

パン
目標はFIREです
グミ
違和感しかない