ストレングスファインダーで見えた夫婦喧嘩の原因

はじめに

ストレングスファインダー をご存知でしょうか。

私はだいぶ前に34の資質が全て分かるフルバージョンのテストをやったのですが、今回は妻にもやってもらいました。

そしたら、これがやっぱり気持ち悪いくらいに当たっている!

夫婦でこれまで悩んでいた夫婦喧嘩の原因もストレングスファインダーを2人でやったおかげで気付くことができました。

やっぱり凄すぎ?なにこれ?

ストレングスファインダー とは?

ストレングスファインダーは、ギャラップ社が「人は自分の弱みを改善するよりも、自分の強みに意識を向けそれを活かすことで最大の能力を発揮する」という考え方に基づき開発されたツールです。

Webサイト上で177個の質問に答えていくことで、自分の資質を知ることができます。

ストレングスファインダーは全部で34の資質があり、その資質をさらに4つの分類に分けることができます。

ストレングスファインダーの結果

ストレングスファインダー の結果

4分類
実行力の資質
… 物事を成し遂げる方法を知っている。思考よりも行動の優先順位が高い資質。

影響力の資質…チームの考えを広く外部に知らしめようとする。周りの人を巻き込む資質。

人間関係構築力の資質…強固な人間関係を構築する能力を持ち、単なる寄せ集めよりも大きな力を発揮するチームを作る。みんなと共に行う資質。

戦略的思考力の資質…あらゆる可能性に目を向けさせる。情報を取り入れて分析し、適切な判断を下せるようにする。行動よりも思考の優先順位が高い資質。

引用:自分コンパスさん

うちの妻はこんな人です

全体的に、割とわかりやすく色の偏りが出ています。赤の人間関係構築力の資質が上位5つの内4つ出ており、戦略的思考力の資質が上位に1つもありません。

ここから、自分一人で考えるのは苦手だけど、人と繋がり、意見を貰いながら協力して何かをやっていくことには長けていることがわかります。

共感性

おそらくあなたは、 人々の感情に気付くかもしれません。 おそらくあなたは、人々が悲しみ、落胆、孤独、フラスト レーション、心配を感じているときに、彼らを元気付けようとするでしょう。 持っている才能によって、あなたは、 多くの人々に対して、自分のことを人間として尊重してくれる人であると感じさせることができます。おそらく、多くの人はあなたと友人に なりたがるでしょう。 なぜなら、 あなたは、彼らが自分自身に疑いを持っているときに、自身の価値を再確認させてくれるからです。

私は「エスパーグミ」と呼んでいるのですが、何も言わなくても相手が何を思っているかが分かるらしいです。

日常生活で会話の中で「あれ?話したっけ?」と思うことも多々あるのですが、共感性の資質で感情を読み取って話しているようです。

「適応性」の資質との組み合わせで、相手の思っていることをその場で汲み取り、適切な話をすることに長けています。

ポジティブ

あなたは、自分ができる限りの力を出していると正直に言える状況であれば、その結果に非常に満足します。 あなたは、自分の結果について一部の人がどう評価しようが、楽観的な見方を変えません。 あなたは本能的に、無欲な性格です。さまざまなタイプの人を気楽に友人の輪に招き入 れます。あなたは、他の人への同意を表現するだけでなく、一人ひとりを認め、褒める理由を見出します。あなたは、楽観的な人生観で多くの人々をひき つけます。 あなたの味方になる人は、おそらくそのような性格に感謝しているでしょう。

根拠も無いのに何でこんな前向きなんだろうと、いつも不思議に思っていたのですが、ポジティブの資質による物のようです。

妻は「コミュニケーション」「社交性」の資質も上位に出てますが、ポジティブの資質と組み合わさると、初対面の人でも前向きで明るく話し上手な傾向があるそうです。

道端で困っているお年寄りや子供を見ると躊躇なく話し掛けに行くので、凄いなと思っていたんですが、本人にとっては自然にできることのようです。

私(夫)はこんな人です。

影響力の資質が下位に偏って出ています。戦略的思考力が上中位に固まっていますが、影響力が下位なこと以外はそこまで偏りはありません。

ここから、自分で考えた事を人と協力しながら実行はできますが、それを周囲に伝えていくことが苦手ということが分かります。

内省

生まれながらにして、 あなたは、雑音や雑事から解放されると、生活の質が向上すると感じるかもしれません。 平穏で静寂な状態に おいてこそ、あなたは自分の考え、感情、過去の行いを深く検討することができるでしょう。強みによって、あなたは、 好奇心をそそられるテーマについて掘り下げて考えることが あります。持っている才能によって、あなたは、物事に秩序を与える、物事を整理する、不要なものを捨てるための 有益なヒントを与えてくれる本、文献、インターネットサイトに惹かれることもあるでしょう。

内省の資質を持っていると歩いている時や服を着替えている間なども常に何かしらの考え事をしています。

意識して考えている訳ではなく、無意識的に頭の中で自問自答をし続けて、一人の世界に入っていることが多々あります。

誰もがそうだと思っていたのですが、内省の資質が下位の妻に聞くと、特に何も考えていないと言っていたので、独特の行動のようです。

分析思考

分析思考という資質を持つあなたは、他の人に「証明しなさい。あなたの主張がなぜ正しいのか示しなさい」 と強く要求します。このような詰問を受けると、自分の素晴らしい理論がもろくも崩れ落ちるのを感じる人もいます。これがまさしく、あなたの意図するところです。あなたはデータを見ると、パターンと関連性を捜し出します。一定のパターンが互いにどのように影響するのか、どのように結びつくのか、結果はどのようなものかを理解しようとします。そしてその結果が、提示されている理論や目の前の状況にふさわしいかどうかを知ろうとします。これがあなたのやり方です。あなたはこれらの点を一つずつ明らかにして、根本的な理由を探し当てます。

夫婦喧嘩の根本的な理由を分析しているぐらいなので、書いてあるまま当て嵌まります。お互いの資質同士を結びつけた場合に結果的にどういう影響があるかを、まさに理解しようとしています。

資質から見えた2つの夫婦喧嘩の原因

大体同じことで喧嘩することが多いのですが、資質について理解する中で、その理由が透けて見えてきました。

私たちの場合、資質から読み取れる喧嘩の原因は大きく2つありました。ほぼ全ての喧嘩はこの2つに集約されます。

妻「ポジティブ」「共感性」と 夫「分析思考」

「ポジティブ」「共感性」と「分析思考」は 対照的な資質です。上手く使えるとお互いに補完し合える関係になるのですが、私たちは悪い方向に出ることが多いです。

それぞれの資質がどういった特徴なのかを見ていきます。

ポジティブ・共感性

共感性の特徴は「直感」を重視すること。直感が答えを教えてくれると考えていて、感情を何より大事にし、感情に従います。

周囲の感情を敏感に察知することに優れているので、ネガティブなことをいう人がいると気が滅入ってしまい、自分の感情にフタをしていまうことがあります。

ポジティブを資質に持つ人もネガティブな意見を嫌うので、共感性にポジティブが加わると尚更この傾向が強くなります、

口癖は、「直感でなんとなく」「だいたい」「大丈夫!大丈夫!」

分析思考

特徴は感情や主観ではなく、事実、ロジカル、客観性を重視します。無意識に物事の原因や理由を探します。

物事の因果関係が気になり理由が知りたいので、納得できる答えが見つかるまで質問が頭をグルグル回ります。

口癖は、「何で?」

よくある夫婦の会話

妻「〇〇の件なんだけど、△△より××が良いと思うんだよね!」

夫「そうなんだ。何で△△より××が良いと思うの?」

妻「なんとなく直感で!大丈夫!

夫「なんとなく大丈夫な理由を教えて欲しい

妻「んー言葉では上手く説明できない」

夫「説明して貰わないと納得できない。何で良いと思ったの?」

妻「だから直感なんだって!」

・・・

2人の会話を文字にすると、お互いの資質が全面に出ているのが分かります。

これが無限ループして最終的に炎上します。炎上する頃には妻は自分の感情にフタをし、話自体を拒むようになります。

私はというと納得できる回答が出ないので、モヤモヤして答えを探して動けなくなります。

私は意地悪でも冷たい訳では無く、良かれと思って聞いているのですが、「共感性」「ポジティブ」を上位資質に持つ妻には全く意図しない伝わり方をするので、話が一向に前に進まなくなる訳です。

妻「適応性」と夫「未来志向」

「未来志向」と「適応性」は重要視する時間軸が異なります。私は未来志向が上位で適応性が下位、妻はその逆なので分かりやすく違いが出ます。

それぞれの資質がどういった特徴なのかを見ていきます。

適応性

特徴は「今この瞬間」を重視し、その時々の状況に合わせて柔軟に対することができます。ガチガチに計画を立てて、計画通りに進めたりすることを強要されるのが苦手な場合が多いです。

妻は過去や未来には興味がなく、どんな時でも「今」を良くするための行動を取ります。昨日、嫌なことや良いことがあったとかは関係無く、常に今を優先します。

未来志向

特徴は過去や今日よりも「これからの未来」を重視し、10年後や20年後のビジョンを鮮明に描くことができます。反面、足元のことが疎かになりがちになります。

私の場合は適応性が下位資質のため、目の前のことにほぼ関心が無く、常に数年後〜30年後ぐらいのことを考えています。未来から逆算して今やることを決める傾向があります。

「今」を生きる妻と「未来」を生きる夫

私たちはお金に関することをブログで扱っていますが、お金の使い方にも如実に違いが出ます。

妻は「今」を幸福にするお金を使うことを好みます。イベントが好きなのも「今この瞬間」をお祝いするのが、自分や家族の幸福に繋がるというのが直感的に分かっているからです。

逆に私は未来を快適・幸福にするお金を使うことを好みます。投資をしているのも「未来」がより良いものになるという確信があるからです。

目の前の物にお金を使う/使わないかを決める際、お互いが重視している時間軸が異なるので、ホントによく意見が衝突します。

まとめ

ストレングスファインダーを受けたことで、ずっとモヤモヤしていた夫婦喧嘩の根っこの原因が見えました。

お互いに無いものを望んでいたら、そりゃ上手くいくはずも無いですよね。

すぐに原因に気付いた訳では無く、自分と妻の資質を1つずつ理解し、喧嘩が起きた時の状況を振り返ることで、この2つの原因に辿りつくことができました。

大事なのは考え方や進め方の違いを批判しあうのではなく、強みをお互いのためになるように活用し合うことです。

妻が「今」を大切にしながら、私が「未来」をより豊かにする。困難が起きた場合は、私が戦略的思考の資質を使って考え、2人で実行力の資質を使いながら協力して解決していく。そんな夫婦関係になれるのが理想です。

そう思えるのは、私のお互いをより深く知ろうとする親密性の資質、個々を理解しようとする個別化の資質、夫婦関係をより良くしようとする最上志向の資質が働いているからです。

資質を深く理解するまでに少し時間が掛かりますが、夫婦喧嘩に悩みを持っていて、それを解決したい夫婦にはおススメできます。

その他にもストレングス・ファインダーは色々なことに応用が可能です。それは、また別の記事で書きたいと思います。

ストレングス・ファインダーはこちらから受けられます

※キャンペーン中で、$89.00が$49.99ドルになっています。