家系改善計画 ミニマリスト系 節約ブロガーになりたい【実行編】

前回の記事で生活費改善のための断捨離を行うことを決心した私達ですが、実際に断捨離を始めると色々な問題にぶち当たり、断捨離を終えるまでにかなりの時間が掛かりました。

今回の記事では断捨離中のやり取りや断捨離した物、断捨離した時の収支について書いていきます。

断捨離実行から完了までのやり取り

私「これ捨ててもいいかな?」
グミ「◯◯さんから貰ったものだし、置いておいた方が良いかな。保留で。」

私「これ捨ててもいいかな?」
グミ「初デートの時に付けてたアクセサリーだよ!私との思い出を捨てるつもり!」

私「これ捨ててもいいかな?」
グミ「◯万円もしたから、捨てるのはもったい無い!いつか使うかもしれないし、それは置いておこう。」

 

作業は困難を極める…

 

捨てられない理由をググると、人は「罪悪感」「もったいない」「思い出」の3つの心理が働いて物が捨てられないらしい。

パン・グミ「納得!!」

 

どうすれば手放すことができるのか?について2人で作戦会議を行い、まずはフリマアプリで高価そうなものは出品してみることにした。

 

手始めに「罪悪感」と「思い出」はそこまでなく、「もったいない」と感じるブランドバック(購入時は4万円程)を売ってみる。

同じブランド物を出品している人の値段を参考に20,000円ほどで出品してみる。

数時間後…

 

私「グミ!売れた売れた!」
グミ「ホントに!?やったね!」

値下げ要望があったが18,000円で簡単に売れた。

「もったいない」と思う物でも、お金に換えることで手放しやすくなることが分かった。味をしめた私達は「もったいない」と思う物を次々に出品していった。

 

 

父・母・妹「これも売れるかな?」

どこから聞きつけたか、家族が不用品をどんどん持ってくる。

減るどころか、ますます増える荷物。

 

母「それ要らないの?前からちょっと欲しかったんだけど」

私「要らないんだけど、人から頂いたものだから、どうしようかと思って。使う?」

母「要らないなら使う!」

 

自分達に不要でも家族でも必要にしている人がいるようだ。人から頂いた物で自分達が使わない物は、必要としている家族を探して渡していくことにした。

その度に「これもいらないから売っておいて」と何故かお願いされ、家庭内の物々交換が次々に行われた。

 

こうして、売りにくい「罪悪感」のある物が手元から離れ、「売れる物」が手元に増えていくことになった。「売れる物」をどんどん出品していく。

「罪悪感」のあるものは必要としている人に使って貰うことで、随分と処理しやすくなった。

 

最後の強敵は「思い出」があるもの。昔からずっと使っていたり集めていて思い出があるもの、付き合って最初に渡したプレゼント、若かりし頃に渡した青春の手紙、人生を変えてくれた本など。

半分ぐらいは、もういいかという話になり売ったり捨てたりできたが、もう半分ぐらいは残ってしまう。

 

グミ「アレそろそろ使ったら?」

私「あーアレ。めんどくさいんだよね。まぁしょうがないか」

最近はあまり出番が無かった断裁機を取り出してくる。

本や雑誌を切ってバラバラにする物で、スキャナで取り込んで電子化する。紙類は全て電子化した上で、処分することにした。

後に残った物は自分達にとって大事な物なので、残しておくことにした。

そうこうしているうちに、出品した物がどんどん売れていく。

ここからは妻と作業分担をして流れ作業。

商品を綺麗に掃除→写真を撮る→商品説明を書いて出品→値段交渉→売れたら梱包→配送手続き

育児の傍らでひたすら繰り返すこと1ヶ月余り。100品程の売却と、売れなかった物の破棄がほぼ完了(若干残った)した。

主に断捨離した物

※()内は部分的に残した物。

・3人掛け電動リクライニングソファ
・ダイニングテーブル
・大型プラズマテレビ、テレビ台
・DVDレコーダー
・食器棚
・食器洗い機
・炊飯器
・玩具類(ゲームやトレーディングカード)
・CD類
・釣り具
・漫画や書籍
・電子ピアノ
・健康器具
・バスチェア
・キッチンマット
・掛け時計
・スリッパ
・食器 (大中小の皿 各2、丼2、茶碗 2、スープ入れ 2、コップ 4)
・調理器具(ウォックパン1個、片手鍋1個、両手鍋1個)
・衣服(頻繁に着る物とお気に入りだけ)
・パソコン(1台を残して売却)
・パソコンデスク&チェアー
・プリンター
・ブランド物の財布やバック (よく使うもの以外は売却)
・IH鍋セット

断捨離による収支

収入:212,974円 ※もろもろの経費を引いた後の金額
支出:101,521円
収支:+111,453円

支出には断捨離と合わせて新生活での家事の効率化に向けて購入した物や、売上から家族にプレゼントした物が含まれます。

購入した物については、次回の記事で書きたいと思います。