資産5千万円までの道のり (~1000万円迄)

リーマンショック後、資産500万円を超えたあたりから、資産が増えてきたこともあり、今まで通り、日本株のバリュー投資(アクティブ投資)1本だけで良いのかということを疑問に思い始めました。

そこで興味を持ったのが全くの対極にある投資手法である国際分散インデックス投資です。そこでアセットアロケーション、ポートフォリオについて真剣に考えることになりました。日本株だけで良いのか、個別株を買うことに意味はあるのか、タイミングを狙って購入することに意味はあるのか等、それまで当然と思ってやっていたことに疑問を持つようになりました。

それからインデックス投資に関する書籍、ブログを読み漁りました。その中で色々な方の色々なアセットアロケーションを目にしましたが、共通して重量だと感じたことは、アセットアロケーションを作る上で一番重要なことは資産を作る目的をまずは持つということでした。

目的を持つことで、いつまでにいくら、何故それが必要なのかということについて真剣に考えるようになりました。時間と共に目標は少しずつ変わっていますが、我が家の目的は家族全体が一番幸せだと感じられる環境を作ることです。妻は家族とも仲が良いので、今は遠距離で住んでいますが、やはり近くで住むことが妻および妻家族の幸福に繋がると感じしています。

その場合、年収は大幅に減ることが予想されるので、その時にもお金の心配をしなくて良いぐらいまでの資産を作っておきたいと考えています。目的が決まると目標の時期と金額がある程度決まってきますので、それに応じてアセットアロケーションを作る場合のリスク許容度も決まってきます。

そういったことを色々と考えていく中で、国際分散インデックス投資のポートフォリオに徐々に移行していくことにしました。この時期は円高ドル安になっていた時期で、2012年頃には1ドル80円以下になることもありました。円高になり過ぎていると感じていたので、日本株を売却してドルを購入→国際分散ができるETFを購入という流れでドル建ての資産の割合を増やしていきました。

また、途中で結婚できたことで収入が2人分になり、投資に回せる金額も増えましたが、この頃は、ほぼ資金があったらドル建て資産の購入に回していました。
しばらくすると、米国株もリーマンショック後、順調に上がり始めました。また、円高ドル安が反転し始め、円安ドル高の方向に変わってきました。投資金額の増加・株高・円安のトリプルパンチでで2012年の後半には、初めて資産は1000万円を突破しました。

始めて投資をしてから5年程かかりましたが、地道に節約と投資をコツコツ続けていくと、本当に資産は増えていくのだと実感した瞬間でした。

ブログランキング
スポンサーリンク
幸せ資産計画
幸せ資産計画

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
幸せ資産計画